「デイパック1977」開発の舞台裏
@ GREGORY
2017.02.16

「デイパック1977」開発の舞台裏

このプロジェクトは2015年、とある偶然から非常に状態の良い創業当時の「デイパック」が見つかったことから始まりました。さすがに40年ほど前の製品という事で、グレゴリーの製品開発スタッフでも実物を見ることが初めてというスタッフもいました。
40年以上前の製品を実際に手に取り、デザインや機能、ディテールからバッグ自体の構造まで細かくチェックすると、いかにすでに完成度が高かったのが分かります。当時すでにブランドのデザイン哲学である「Fit、Comfort、Quality」を元にデザイン・設計されていたことが改めて確認できました。

もちろん、40年の間に数回のアップデートを加え現在販売されている現行の「デイパック」は、より良い製品になっていると信じています。とは言え、オリジナルモデルの持つ存在感は別格です。このモデルを現代に再現したいという思いが募る中、私たちは2年後に控えるグレゴリー創業40周年に合わせ記念モデルとして発売するのが良いのではないかという結論に達しました。 40年周年イヤーである2017年に発売すべく、2015年の年末から開発がスタートしたのです。

「現在の技術力を持ってすれば40年前の製品を再現するのは簡単だろう。」と、多くの方が想像すると思います。ですが、実際はそう簡単ではありませんでした。どのようにしたら当時の雰囲気を持った製品を創り上げられるかを時間をかけて検証したのです。



現在使用されていないパーツや素材探しから、バッグの構造の確認、そして色の再現についてなど検討事項は多岐に渡ります。そんな中。当時も今も変わらないディテールもあります。それはグレゴリーのバックパックを象徴する「レザージッパープル」です。これについては、現在も使われ続けている物をそのまま使用しました。




長い時間をかけて製作した後、最後は創業者である「ウェイン・グレゴリー」の手による確認を経て、ついに「デイパック1977」が完成しました。



創業年である「1977年」にちなんで、世界で1977個のみ生産されたこのスペシャルアイテムは、限定数量の証であるシリアル番号がすべての製品に割り振られています。この限定バッグを手に取れる幸運な方は1977人。手に入れられる方、そうでない方含め、グレゴリー創業当時に思いを馳せ、そして40周年の軌跡を振り返っていただければ幸いです。

本公式オンラインストアでの発売は2月18日(土)10:00よりスタートします。
製品ページはこちらから