TRAIL PHOTO PICK UP 05:鈴木みき(イラストレーター)
@ GREGORY
2014.09.22

TRAIL PHOTO PICK UP 05:鈴木みき(イラストレーター)

トレイルフォトコンテスト2014に寄せて、アウトドアやトレイルを愛する皆様より、とっておきのトレイルの写真とコメントをいただくこのコーナー。
いよいよ最後、第5弾の今回は、イラストレーターの鈴木みきさんよりいただいた写真を紹介します。




撮影場所 : 名もなきトレイル カナダ・ヨーホー国立公園
ツアーでお客さんを連れて訪れた、私の人生を変えた思い出の地カナダ。ただ広く大きく人工物もない大地を感じてほしいと思った。自分の足が歩いたところが道になることも、道にもならないこともあるってことも。




撮影場所 : ミルフォード・トラック ニュージーランド南島
社会から離れていくようにボートで1時間、ミルフォード・トラックは始まる。4日間、同じ顔触れが同じ行程を各々のペースで歩いていく。電話も通じない孤島での連絡手段はトレイル葉書。サムが見逃しませんように。




撮影場所 : 黒戸尾根 南アルプス
長い、つらい、とネガティブな言葉が似合う黒戸尾根。中盤から始まるクサリにハシゴの連続にすべての印象を持ってかれがちだが、延々と苔に覆われた森を歩いていると、「永遠」なんて言葉も似合うのだ。




撮影場所 : 赤石岳 南アルプス
(写っているのは赤石岳、撮影場所は赤石避難小屋前です)
椹島から標高差2000mある東尾根を登り、赤石避難小屋に到着するとザアっと雨。窓から遠く西の方は雲の下の茜色。それに見とれていると外から呼ぶ声。これを見た瞬間、明日からの縦走が素敵になると確信した。


プロフィール 鈴木みき(イラストレーター)

1972年 東京生まれ 山梨県在住
18年前に訪れたカナディアンロッキーで山に魅せられる。以来、山小屋やスキー場でのアルバイトを転々とし、山岳雑誌の読者モデル応募をきっかけに山岳・アウトドア関係の雑誌を中心に活動するイラストレーターに。自らの登山経験を生かした登山初心者を応援するコミックエッセイ、著書多数。登山同行ツアー、講演など、山の楽しさを発信するフィールドは多岐にわたる。
http://ameblo.jp/suzukimiki

著書
「悩んだときは、山に行け!」(平凡社)
「あした、山へ行こう!」(講談社)
「鈴木みきの山の足あと」(山と渓谷社)など多数