nonnative × GREGORY
@ GREGORY
2017.12.18

nonnative × GREGORY

1977年にカリフォルニアで誕生したバックパックブランド、GREGORY。
2017年に40周年を迎えるGREGORY社のアニバーサリーを記念したスペシャルコラボレーション。温故知新(故きを温めて新しきを知る)をテーマに最新デザインモデルである〈COMPASS 30〉と〈SKETCH 8〉をベースに、nonnativeデザイナーである藤井隆行が’90年 代に感じたGREGORYのイメージを重ね合わせ、リデザインしました。

コンパクトなフォルムと人間工学に基づいたトレイル用ショルダーハーネス搭載のコンパス30は、アウトドア用デイパックの要素をすべて備えています 。ま た 、整理用ポケット、パネルアクセス、パッド付きノートPCスリーブを搭載した、仕事のできるアシスタントでもあります。30リットルの容量は、ランチ、ジム用ウエア、着替えが十分に入る大きさです。ノートPCの収納に便利な外側の保護パッド付きコンパートメントが付き、ポケットにはタブレット用スリーブも配備。ラゲッジスタイルに大開口するメインコンパートメントを備えるなど機能性に富んでいます。
スケッチ8は、アクティブなユーザーにぴったりのスリングパックです。メインコンパートメントにはタブレット、カード、筆記用具などの整理機能を搭載し、外側のデバイスポケットには携帯電話やカメラを収納できます。 また人間工学に基づいてデザインされたシングルストラップは速乾パッド付きメッシュライナーを採用し、左右どちら側でも背負えるように両側にアタッチメントを 取り付けました。素早く外せるバックルにより、左右どちらでも使えるスリングデザインや、内部に筆記用具やカード用の整理機能を備えるなど、使い勝手も申し分ありません。

ブランドタグは、1983年~84年の2年間の短期間のみ使われていたデザイン (当時、工場移転のために急遽作られたプリントネーム)を ピックアップし、当時のホワイト × ブラウンのプリントではなく、ホワイト × ブラックの織りネームで、本企画のためだけに復刻しました。GREGORYが40年培ってきた機能性、実用性、進化したデザインを崩すことなく、デザイナーの藤井が初めてGREGORYのバッグに触れた 90年代=RETROとし融合させました。こうして出来上がった〈COMPASS 30 RETRO〉と〈SKETCH 8 RETRO〉を、nonnativeと繋がりの深い東京を代表するセレクトショップ5店 舗のディレクター、バイヤーと話し合い、それぞれが思い入れのあるカラーリングで完成させました。 


BLUE・PURPLEカラー (Pilgrim Surf +Supply)、 SPECTRAカラー (ISETAN MEN’S)、FUSCHIAカラー (UNITED ARROWS & SONS)、BLACKカラー (H BEAUTY & YOUTH)、COYOTEカラー (vendor) の全5色展開。 vendor中目黒、COVERCHORD、GREGORY原宿のみ全カラー展開いたします。 

発売日:2017年12月23日
取り扱い店舗:vendor中目黒, vendor名古屋,COVERCHORD.com UNITED ARROWS HARAJUKU (UA & SONS), UNITED ARROWS & SONS ONLINE, H BEAUTY & YOUTH, Pilgrim Surf +Supply, GREGORY原宿, ISETAN MEN’S