• スタウト45 詳細画像 ネイビーブルー 1
  • スタウト45 詳細画像 プレーリーオレンジ 1
  • スタウト45 詳細画像 コールグレー 1
  • スタウト45 詳細画像 コールグレー 2
  • スタウト45 詳細画像
  • スタウト45 詳細画像
  • スタウト45 詳細画像
  • スタウト45 詳細画像

スタウト45

STOUT 45

23,760

23,76023,7600

カラー選択
:在庫あり
:残りわずか
:在庫なし
サイズ選択
:在庫あり
:残りわずか
:在庫なし
1
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
SOLD OUT

キャンプ到着までにカバーすべきマイル数が二桁の時は素早い移動が鍵です。しかし大きすぎるパックではスローダウンすることがあります。ギア収納の十分なスペースと寝袋を入れるボトムアクセスパネルがあるスタウト45(STOUT45)なら予定通りに進めます。調整可能なトレイルフレックス・サスペンションが生むカスタムフィット感がトリッキーな地形でも敏捷性、バランス感、快適性を保ち、新しいメッシュ・フロントポケットにトレイルで役立つ大き目のアイテムを忍ばせておくことができます。

SPECS製品仕様

MAX CARRY最大積載重量 16kg
容量重量
ワンサイズ45L1290g

FEATURES製品特徴

  • アジャスタブル・トレイルフレックス・サスペンション:素早い調整で一人ひとりの背中とヒップベルトの長さにフィットするので、パックは身長と人体構造にマッチし、毎回完璧なフィット感を実現
  • トレイルフレックス・アジャスタブル・ヒップベルト:60L以上のモデルに搭載
  • フロント・ストレッチ・スタッフポケット:満載のギアを整理
  • ソーラー・レディ:40L以上のモデルにゴールゼロ・ソーラーセル・アタッチメントを搭載
  • デュアルジッパー・ヒップベルトポケット:トレイル中、アイテムへの素早いアクセスが可能
  • レインカバー・インテグレーション:フロントポケット下のジッパー式メッシュコンパートメントに収容、アクセサリーポケットとしても使用可

TECHNOLOGYテクノロジー

  • トレイルフレックスシリーズは最新機能と流線型のデザイン、どのような冒険にも対応する汎用性の高い機能が取り揃えられています。調整可能なサスペンションと通気性の高いバックパネルは、高いフィット感を生み出し快適性を格段に向上させてくれます。
  • 軽くて耐久性の高い生地に加え合理的な機能はこれまでに類を見ないパフォーマンスを発揮しグレゴリーがトレイルで培ってきた40年の歴史を感じられる製品です。
  • 慈愛のアリア
    賛美両論 メープルオレンジ この色合いを見てしまうとほかのザックがダサく見える
    お洒落は不要、実用性と背負い心地が全てだとは思うけど ザックのロールスロイス ザックは背負うものではなく着る物だ!なんてレビューを見てしまったらお洒落と実用性、背負い心地の良さが備わった良品!
    重さ10㌔位の11時間越えの山行で 実際に背負ってみての感想は やはり重い物は重い! です 背負い心地は確かに良く 重さも背中全体に分散してる感じはありますが

    他のザックだったらもっと疲れたのかな? 悪くはないけど 期待してた程ではなかったような気がする

    でも気に入ってるよ!
    サイドポケットは ポケット専用で紐がほしかったかな 500㍉ペットボトル2〜3本入る位大きい
    ※メープルオレンジは写真より濃いオレンジです!
  • デブ猫・デイブ
    スタウト45を使用してみて 良かった点

    ・背負いごごちは良かった。
    ・スタウト45Lとカリマー・ホットグラック40Lと比べ、物量が入る。(冬物で利用できる幅が広がる)
    ・トップコードは利用しやすく便利。
    ・ショルダーは、バルトロと同じく少しハの字で、フィット感が良い。

    改善をお願いしたい点

    ・サイドポケットは、バルトロシリーズのドリンクホルダーを希望します。←変更を、お願いします。
    ・雨蓋は可動できるが、実際挟み込む物は45Lでは、キャンプ道具を持っていけないので、
     可動式ではなく、固定式の方が便利。(動いて、邪魔・また肩の調整にひっかかる。)
     また、雨蓋のポケットの容量は、利用しずらい。(分ける必要性なし)
    ・腹ベルトは、「カラー」があり、移動時に邪魔となるので、再検討願います。
     (特に電車移動時、腹ベルトが広がり他人に踏まれる。)
    ・胸のベルトに「ホイッスル」を装備してほしい。
    ・各部の長さ調整後、(背負っていて)いくぶん緩みやすい。(カリマーと比較(リッジ40、ホット・40))
    ・ハイドレーションは、センターより両サイドの方が首に負荷がかからない。

    トータル的には、とても良いと感じますが 今後の「成熟」に期待いたします♪

  • taka
    Zシリーズと迷った結果… こちらを選んで正解でした。
    嫁のJ33を見てUの字に開くメインアクセスに憧れたが、Zシリーズのスタイルが
    どうも好きになれず、スタウトを選択。タテ型のスタイルが気に入ってます。
    ウエストが細いので、ヒップベルトの長さが調節出来て助かりました。