新しいデイパック「キャンパスデイ」をご紹介
THE GEAR
2020.02.26

新しいデイパック「キャンパスデイ」をご紹介

この春、新しく私たちのコレクションの仲間入りをした「キャンパスデイM」と「キャンパスデイL

製品開発時に十分テストを重ねましたが、今回発売のタイミングに合わせ改めて「キャンパスデイL」を使用し、自称、グレゴリーの「デイパック」の日本一のヘビーユーザである私が「デイパック」との比較も交えながら製品をご紹介したいと思います。

 

製品名の「キャンパスデイ」からも分かります通り、通学を含めたキャンパスライフ向けがこの製品のコンセプトですが、私のキャンパスライフは20年以上前。今回はその収納力や機能性の高さからグレゴリーのアメリカ本社会議出張の際に使用しました。








サイドポケット

デイパック」にはない機能、サイドポケットが両サイドに付いていて非常に便利。



ウォーターボトルはもちろんですが、リーシュコードが付けられるDリングを利用してパスケースなどを入れるにも最適です。



トップハンドル

こちらも「デイパック」にはない便利な機能。公共の交通機関での移動の際など非常に便利です。


フロントメッシュポケット

メッシュポケットは入れたものが外から見えるため、ミントタブレットやリップクリームなどあえて見せたいアイテムなどを入れるのはいかがでしょうか?

ただ見ての通り安全性はないのでくれぐれも大切なものは入れないでください。


フロントジッパーポケット

デイパック」と違いフロントポケットは大容量。サブパックとして使用していた「ティーニーテールメイト」が楽に入るほどのサイズで、内側にはシンプルなオーガナイザーとキークリップが付き。筆記用具など小物の収納にもちろん最適。


メインコンパートメント

メッシュジッパーポケットとマルチスリーブだけのシンプルな構造。細かい仕切りが無い分、全体をゆったり使えるので大きなものも楽々入ります。


シンプルなショルダーハーネス

デイパック」に比べシンプルなショルダーハーネス。個人的には「デイパック」慣れてしまっている為、少々頼りなく感じてしまいましたが機能は十分。


今回は下記の荷物をすべてこのパックに入れて移動していましたが非常に快適でした。

頼りになる「キャンパスデイ」はMとLの2サイズでの展開です。

プロダクトマネージャー 中島