その他項目

女性専用フィット

女性専用フィット

パックパック、本当に身体にあっていますか?

わり大きく立派なバックパックを借りることもあるでしょう。けれど、快適なはずなのに身体が振られたり、実際以上の重さを感じたり......なんてことも度々。なぜだろう?と、違和感を覚えながら使いつづける人も多いようです。実はそれは、合う合わないがある靴と同じように、バックパックとの相性が一因でもあります。

男女で差がある骨格がヒント

バックパックは、荷物の重さを腰や肩で支えるという性格上、設計が男女差のある骨格に適しているか......がとても重要です。女性の骨盤は男性と比べて左右の幅が大きく、丸い形状。肩幅も狭く、身長自体も低め。荷物を身体がどう受け止めて、歩くためにどうバランスよく重さを分散させるか......などは、実は女性のための設計こそが実力を発揮します。

ウィメンズモデルの特徴って

  • 女性の肩幅に合わせ、ショルダーハーネスの取り付け位置が狭い
  • バストへ干渉しないように細く、適正な角度で備えつけられている
  • 男性より身長が低いため、女性に適した背面の長さでデザイン
  • 丸く幅広い骨盤を包み込むようにフィットするウェストベルト

靴やウェアと同じで、本来バックパックにも適性サイズがあります

身体のつくりが男性と違う女性のなかでも、おのおのの身長や体型は個別。女性をひとくくりにせず、靴やウェアと同じように、さらに個々の身体に合わせた適性サイズを選べるのが、“着るバックパック”と呼ばれるGregoryの所以。首のつけ根から腰骨の最上部までの長さ「背面長」をもとに、XS・S・Mが用意されています

荷物の量や行き先に合わせたバックパック

自分の身体に合うバックパックは、何も構造だけではありません。山小屋を往復する1泊2日の山歩き。あるいは、テントと食糧を詰め込んだ長期の縦走......。そんなふうに山行スタイル、荷物の量、脚力や体力などによって、適したモデルの選び分けができるのです。