プロダクト・メンテナンス

グレゴリー商品は長年の使用に対応できるよう設計とデザインされていますが、長く快適に使い続けるためには適切なメンテナンスが欠かせません。メンテナンスをしなかったり、不適切な方法でおこなったりした場合は各パーツの劣化を早めるうえに製品の寿命を短くしてしまう場合がございます。以下のステップに基づいて管理をして頂けるようお願い致します

点検
・使用後は必ず汚れや各パーツに不具合が無いか、手で触ったり目で見たりして確認するようにしてください。
・不具合があった場合は直ちにご使用をお止めください。点検後、必要に応じてメンテナンスを行うようにしてください。
洗い
目立つ汚れがあれば、汚れ部分を水で濡らし中性洗剤をつけてスポンジやブラシで優しく擦り落としてください。
全体的に汚れがある場合は、浴槽などにバックパックが漬かるぐらいの水を入れ、薄めた中性洗剤を加えた洗濯液にバックパック全体を浸し、優しく押し洗いしてください。
すすぎ
きれいな水にバックパックを浸し、押し洗いと同じ要領ですすぎ洗いしてください。その後水が濁らなくなるまで十分にすすぎを繰り返してください。洗剤の成分が除去されないままパックを保管したり使用したりした場合、本来の防水性や撥水性が低下、もしくは失われることがあります。
脱水
バックパックを逆さまにし、水気を切ってください。
背面パッドなど水を含みやすい部分は手で押しながら水を押し出したり、乾いたタオルなどで吸水したりしてください。
乾燥
直射日光を避け、風通しの良いところで日陰干し乾燥させてください。
パッドやポケット、生地の隙間などには水分が残りやすいので十分に乾燥させるようにしてください。
完全に乾かさずに保管すると生地の劣化やカビ、または金属パーツの錆などの原因になります。
乾燥機やドライヤーの使用は生地やコーティングを傷めるためお止めください。
保管
風通しがよく、湿度の低い場所で保管してください。直射日光を受けるところや車内、トランク、ガレージなど高温多湿になる場所は避けてください。
ビニール袋に入れ密閉したり、無理に折りたたんだりせず保管してください。
長期間保管する場合は定期的に状態をチェックし、必要に応じて陰干しなどを行うようにしてください。